iPhoneXを使った勤怠管理

iPhoneXを使った勤怠管理を使うことで、業務効率化が測れます。

営業の都合上で、外出する人も多いことでしょう。勤怠を管理するには、一旦本社に立ち寄ってタイムカードや現地の到着後の電話報告が主流でしょう。
人件費増加や作業時間減少を招く要因です。


これらをiPhoneXの勤怠アプリを使って管理することで、無駄な作業工数を減らすことができます。
アップルストア内で勤怠アプリが、有償と無償があります。最初は、無償のものでお試しをしてみてください。

会社の規模にも寄りますが、ある程度の大人数や便利な機能は、有償でないと使えません。
有償では、GPS機能を使えるのが便利です。自分の位置情報を送信して出勤扱いができるからです。

勤怠アプリの出勤ボタンを押したときに出勤扱いになります。



出勤ボタンを押したときに、自分の場所が自宅でも押せます。

GPSがあるとサボっているかを、管理人が把握することができます。

アプリを使うのは、アプリと管理ツールのセットになっているのが重要です。
管理ツールから外出している営業さんの情報を把握することができます。

現地に着いたときも、現地に到着したボタンを押します。GPSから現地に着いたか判断できます。交渉が終了した場合に、訪問終了ボタンを押して報告します。



また急な対応が入った場合は、管理ツールで検索をすると該当場所から一番近い人がマップ上で検索されます。



もっとも近い人に対して、電話をして現地に行かせます。

顧客満足度をあげることができます。

このようにiPhoneXの勤怠管理アプリを使うと優れた業務改善ができるアプリがあります。


iPhoneXには様々なジャンルのアプリがあります。

例えば、ゲームのアプリ一つとっても「RPG」や「アクション」、「スポーツ」に「シミュレーション」など様々なジャンルのゲームが有料無料問わずに揃っており、自分の好きなゲームを見つけて楽しむ事が出来るのはiPhoneXの魅力の一つだと言えます。


また、ゲーム以外のアプリにもダイエットに役立つアプリやお天気アプリ、ちょっとしたメモを取りたい時に役立つアプリなど、私たちの日常生活において大変便利なアプリが揃っているのもiPhoneXの魅力です。


そんな魅力あふれるiPhoneXを使いこなしていく上で、知っておきたい便利な機能がいくつかありますが、中でも「スクリーンショット」の機能は押さえておきたいところです。
iPhoneX上でインターネットを閲覧している時にどうしても保存しておきたいページがある場合に役立つ機能がこの「スクリーンショット」で保存しておきたいページを表示した状態でiPhoneX本体の右上にある「スリープボタン」と本体中央下にある「ホームボタン」を同時に押すと、表示しているページを画像にして「写真」に保存する事が出来ます。「スクリーンショット」以外にも、パソコンにインストールした「iTunes」とお使いのiPhoneXを同期すれば、iPhoneXの大切なデータをバックアップしておくことが出来るほか、iTunesではアプリの購入履歴の詳細も分かりますので、iPhoneXとiTunesの両方を上手に活用するのが良いでしょう。