小動物看護師という職業について

小動物看護師というのは、日本ペット技能検定協会が認定する独自の動物看護師資格を有している人のことを指します。


主に一般的なペットとされている猫や犬などの小動物の看護や介護、動物病院での獣医師の補助などがその役割です。

有名な小動物看護師に関連した書きかけ項目です。

近年のペットブームにより、小動物看護師の需要も拡大してきました。

動物病院に留まらず、ペットショップやブリーダー、動物園といった動物の健康やお世話に関することに関連するような場所では、動物に関する知識が必要不可欠です。そのため動物看護師のような専門家の存在が大変重要となります。小動物看護師になるためには、まずは資格を取得しなければなりません。

小動物看護師資格は国家資格ではなく民間資格です。

日本ペット技能検定協会の認定校の定めるカリキュラムの履修を終えることで資格を取得することができます。
わざわざ大学や専門学校に行かなくても、通信講座を受講することでカリキュラムを終えることができます。費用もそれほど高くありません。
もちろん、大学や専門学校で学ぶことも可能です。
いくつかに分かれている動物看護師の資格ですが、実は就職の際に必ず必要な資格というわけではありません。



事実、採用条件にで「資格なしでも可能」とされている動物病院もあります。



しかし、現場で働くうえでは資格を有していた方が有利ですし、自らの経験やスキルアップにも繋がります。
近年の需要の高まりに伴い、国家資格にしようという働きもあります。

top